>
>
放射線科

休診情報

電話予約

妊婦健診

 

 

放射線科

現在、診療放射線技師5名(男性4名、女性1名)のスタッフで地域の皆様の健康をお守りするべく
頑張っております。また、高齢の方やお子さんにもやさしさと、思いやりを持って接することを第一に考えて検査を行っております
。当科では一般撮影、マンモグラフィ(乳房撮影)X線透視検査、CT検査、MRI検査などを行っております

 

☆一般撮影☆
胸部や腹部の写真、怪我をした時の骨などの写真を撮影します。一度は訪れたことがあるのではないでしょうか。また、
乳房撮影(マンモグラフィー)や骨密度検査も行っております。X線写真のほとんどは画像処理にコンピュ-タを使用したデジタル画像
となっています

 

 

☆マンモグラフィ(乳房撮影)☆ (3Dマンモグラフィ)「FujiFilm AMULET innovality」

H27年1月に更新しました。

乳房専用のX線撮影装置です。

乳がんは早期発見できれば、ほとんど命を脅かすことのない疾患です。しかも検査は比較的短時間で簡単に受けることが出来ます。

この為マンモグラフィ(乳房撮影)はとても重要な検査だと考え、最新式の機械を導入しました。

一般的な乳房のX線写真に加えて、機械の上部が移動しながら数回の低線量撮影を行うことで、1mm程度の厚さの画像を数十枚作るトモシンセシス(断層撮影)が可能な装置で、これまで以上に小さい病変の描出に優れています。この装置は上伊那郡では初の導入で県内でもまだ数施設しか導入されていない最新式の装置です。

この装置はいわゆる「3Dマンモグラフィー」といわれ、今度乳房検診にて活躍が期待されています。(平成27年現在)

 

 


☆CT検査☆ 「東芝 Activion16」
H23年1月に更新いたしました
X線を用いて体の中の様子をコンピュータ処理することで、体のあらゆる部分の輪切りの画像を作ることができます。短時間で精密検査を行うことができます。また、3次元表示も可能です。造影剤を用いてさらに
詳しい精密検査をすることもできます。基本的には予約制となっていますが、患者様のご都合や緊急時には柔軟に対応し、検査を行って
おります。

 

 

 

 

☆MRI検査☆  「HITACHI APERTO LUCENT」

新病院開院時のH24年に更新しました。
当科に導入されているMRIは広々としたオープン型システムとなっています。MRI検査は多くの場合、狭いトンネルの装置に入って行われますが、狭い空間で不安を感じる方も少なくありません。広く開放した環境で検査が受けられますので、閉所恐怖症の方を始め、お子さんや高齢の方など、MRI検査が苦手な方でも安心して検査を受けることができます。

画像の特徴は、縦、横、斜めと検査に応じた方向の画像を作ることが出来ます。X線写真ではわかりにくい軟部組織や血管、脊髄などの描出に優れています。

 

 

 

 


☆X線透視検査☆
主に胃や大腸のバリウム検査で、X線を使って体を透視し、その様子をTVモニターで観察しながら写真を撮っていく検査です。胃カメラや大腸カメラの検査と違い、全体像が把握しやすいのが特徴です。

 

 

高額医療機器の共同利用について

高額医療機器(CT・MRI・デジタルマンモグラフィ)等それだけで一般的な家が数軒もたってしまうほどの高額な医療機器です。
そのため一般的な開業医ではなかなか導入の難しい機器ですが、各種診断にとても有効な機器です。
そこで、地域の開業医の先生方にも積極的かつ容易に利用していただく事が可能な体制を整えていきます。


また、「CTやMRIの検査をしてほしいが、辰野病院の知らない医師の外来を受診してまでは・・・・」という患者様の要望にも応えるべく「かかりつけ医への受診でCT・MRIの検査が出来る」という環境を整え、地域の皆様の健康維持に貢献できればと考えております。

→MRI・CT等高額医療機器を用いた検査の紹介について